C O N T A C T

COMPANY DATA
企業情報

 

経営理念


株式会社アステムは、創立以来、あらゆるコミュニケーションツールを通して夢と感動の場を提供し、社会に貢献することを企業の原点として大切にしてきました。 私たちは「顧客志向の商品づくり」「新技術への挑戦」「専門的能力の向上」「組織的運営の推進」「社員の幸福の実現」を経営理念として、あらゆる仕事に全力を尽くします。

会社概要


株式会社 アステム
1974(昭和49)年12月
代表 代表取締役 大嶋 雄三
資本 6,000万円
従業員 82名
大阪市北区東天満2-7-12 TEL.06-6242-6681(代表) FAX.06-6242-6631
大阪テクニカルセンター 大阪府東大阪市中新開1-15-17 TEL.072-962-8851 FAX.072-962-8852
東京支 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-28-8 ニュー千駄ヶ谷502 TEL.03-6804-1433 FAX.03-6804-1434
免許・資 一般第二種電気通信事業 E-5-3432 無線局登録点検事業者資格2 第一種点検業務 近-第0014号
所属団 大阪商工会議所 文化部会
公益財団法人 関西・大阪21世紀協会
近畿情報通信協議会
関西舞台テレビテクノ&アート協同組合
一般社団法人 おおさか人材雇用開発人権センター
一般社団法人 情報通信技術委員会
IPTVアクセシビリティコンソーシアム
一般社団法人 日本ディスプレイ業団体連合会
一般社団法人 日本空間デザイン協会

会社沿革


1974年 12月 現在の制作部を柱に創業
1978年 4月 企画部門新設
1979年 6月 映像部門新設
1987年 12月 株式会社に組織変更
1988年 9月 制作部に会館管理部門新設
箕面市立メイプルホ-ルはじめ5公共施設の技術管理を受託
11月 東京事務所開設
1989年 1月 美原センター新設
1991年 7月 衛星通信部門新設
1996年 3月 資本金2,000万円を4,800万円に増資
1998年 4月 一般建設業(電気通信工事業)の認可を得る
大阪府知事認可(般-10)第108300号
6月 衛星国際免許取得
7月 無線局認定点検事業者資格取得
1999年 3月 本社を現在の社屋に移転
12月 衛星地球局開局
2001年 5月 第29回日本ITU協会ユニバーサルアクセシビリティ賞受賞
2002年 4月 総務省助成事業として電話リレーサービス開始
2003年 4月 聴覚障害者向け放送「目で聴くテレビ」の専用受信機「アイ・ドラゴンⅡ」が厚生労働省より身体障害者日常生活用具に指定
2004年 12月 多機能デジタル衛星中継車新設
2006年 4月 指定管理者制度にもとづき大東市生涯学習センター(アクロス)の指定管理者となる(現在、3期目)
2008年 4月 指定管理者制度にもとづき大東市立総合文化センター(サーティホール)の指定管理者となる(現在、3期目)
2011年 12月 指定管理者制度にもとづき大東市立歴史とスポーツふれあいセンターの指定管理者となる(現在、2期目)
2011年度 厚生労働省障害者自立支援事業を受託
(視覚障害者向け「テレビが聞けるラジオ」を開発)
2012年 12月 茨木市生涯学習センター(きらめき)の管理業務を受託
2014年 10月 IPTVのアクセシビリティに関する技術仕様を「H.IPTV-ACC Prof」として国連の専門機関の一つである国際電気通信連合(ITU)に提案
2015年 10月 「H.IPTV-ACC Prof」が国際標準規格「ITU-T H.702」(IPTVのアクセシビリティに関する世界初の技術仕様)として正式に承認、加盟国に勧告される
2016年 4月 寝屋川市立地域交流センター(アルカスホール)の指定管理者となる
10月 国際電機通信連合(ITU)と国際パラリンピック組織委員会(IPC)より「最優秀アプリ-企業/公的部門」として表影を受ける
11月 「ITU-T H.702」が「JT-H702」として、一般社団法人 情報通信技術委員会(TTC)により、国内標準規格となる
2017年 1月 独立行政法人 国際協力機構(JICA)により「エクアドルにおける視聴覚障害者の放送アクセス向上の案件化調査」が採択
3月 資本金 4,800万円を 6,000万円に増資

アクセスマップ


大阪本社


アクセス方法
大阪天満宮駅一番出口より徒歩約3分。 ※地下鉄堺筋線・谷町線の南森町駅とJR東西線の大阪天満宮駅は地下通路でつながっています。

東京支店


アクセス方法
JR中央総武線「千駄ヶ谷駅」より徒歩5分 都営大江戸線「国立競技場駅」より徒歩6分 東京メトロ副都心線「北参道駅」より徒歩7分 JR中央総武線「代々木駅」より徒歩13分