C O N T A C T

アイ・ドラゴン 4
聴覚障害者用情報受信装置

アイ・ドラゴン
アイ・ドラゴンのお申し込み

アイ・ドラゴンとは


聴覚障害者の方向けの手話と字幕の番組「目で聴くテレビ」を
見るために必要な専用受信機です。

2002年、CS「目で聴くテレビ」専用受信機として、テストモデル「アイ・ドラゴン0」が誕生した「アイ・ドラゴン」シリーズ。地上アナログ放送の字幕デコーダ「アイ・ドラゴン1」、日常生活用具指定となり、地上デジタル放送にも対応した「アイ・ドラゴン2」、地上デジタル放送チューナーを内蔵した「アイ・ドラゴン3」と進化を重ねてきました。
そして日常生活用具指定から15年の2018年、インターネットを使用し、「アイ・ドラゴン4」が大幅にパワーアップしました。

アイ・ドラゴン

アイ・ドラゴン4はIPTVに対応

「目で聴くテレビ」は2019年3月末
CS放送から※IPTVによる放送に移行します。
※ IPTVはテレビを光回線に接続することで視聴できる
新しいサービスです。(PCでは視聴できません)

目で聴くテレビとは


「目で聴くテレビ」は1995年の阪神淡路大震災の時に テレビの情報から聴覚障害者が疎外されてしまった苦い経験を元にろう者の団体と難聴者の団体が協力して1998年に誕生しました。 以来、災害時のテレビの情報に対して手話や字幕による「情報保障番組」や聞こえないことや手話のことをお伝えする「独自の番組」を制作・放送してきました。

手話番組アーカイブを見る

手話番組アーカイブを見る

サーバーに保存されている1000本以上の手話番組から見たい番組を選択し、24時間お好きな時に視聴することが出来ます。

地方局やBS・CSでも字幕手話放送

リアルタイムで字幕・手話

手話や字幕のない番組に情報保障を行なっています。2018年現在、週2回放送中です。
2018年の日本テレビ「24時間テレビ」に24時間手話を付与したことが話題になりました!

リアルタイムで字幕・手話

緊急災害時に地デジにリアルタイムで字幕・手話

「光る警報機」が緊急放送の開始をお知らせします。
※画面の手話の位置と大きさを変更することが出来ます

開発チームインタビュー

UDソリューション事業部
西田 浩文

記事を読む

アイ・ドラゴン申請手順


アイ・ドラゴン申請手順 アイ・ドラゴン申請手順 アイ・ドラゴン申請手順

よくあるご質問


  • アイ・ドラゴンとはどんな機械ですか?

    聴覚障害者様向けの「目で聴くテレビ」専用受信機です。一般テレビ番組を字幕・手話放送でご視聴いただけます。※ご視聴いただくにはインターネット環境が必要です

  • アイ・ドラゴン4の購入手続きはどこでしたらいいですか?

    お近くの区役所や、販売代理店にて賜っております

  • アイ・ドラゴン4の申し込み方法は今までと同じですか?

    以前と同じです

  • アイ・ドラゴン4を見るためにはなにが必要ですか?

    お客様でご準備いただく分は
    ・インターネット接続環境(モバイルwi-fiルーターでもご使用できます)
    ・HDMI接続できるテレビ
    をお願いします。

お問い合わせ


まずはお気軽にお問い合わせください